今去徒然草

- 目次 -
今去徒然草 1

自分自身を見つめる能力!

経営コンサルタントとして今求められる能力とは何なのか?私は数年前から真剣に考える様になりました。又、経営コンサルタントという職業を超えて、人間の能力とは一体どの様に考えたらよいのか、考えれば考えるほど深みにはまっていきます。

これまで経営コンサルタントの基本的能力(スキル)として “戦略的思考” “経済合理性に基く弱み強みを把握する力” “技術論的問題解決アプローチ手法の習得” などが挙げられますが、いずれも経済合理性という価値基準に貫かれたものです。しかし、人間は本来、経済合理性という価値観だけでは生きられない存在です。特に社会的構造が高齢化を前提として再構築されている時、従来のモノサシだけでは社会を豊かにすることは出来ません。非合理性の基準も重要な価値観となり得ると思います。

社会的公器としての企業においてもそのことが言えます。

最近耳にする“ヘルシーカンパニー”もこの様な時代の成熟化と高度化の中から生まれた概念だと思います。10数年前に耳にしたエクセレントカンパニーはどこに消えたのでしょうか。

そこで藤澤流の経営コンサルタントに今求められている能力とは

  • 社会変化現象の底流にある本質的変化の方向性を診る力。
  • 変化する社会経済環境の下で、懸命に変化に適応しようとしている人間の意識を優しい目で捉える力。
  • 自分自身の本心を観察することにより、1と2を自分の問題として内面化させる力。

だと考えるに至りました。

結局は自分自身をコンサルティングする力ということになるのではないでしょうか。

平成16年6月20日 記
今去徒然草 2

2005年を迎えて

初春を 見上げる雲間に 太古の陽

初日が昇る 思わず祈る その重さ

亡父母を見た 同じ初陽に 手を合わす

妻があり 娘がおりて 初春おだやか


今年の元旦の日経新聞の一面の大見出しは次のとおりです。

  • さあ国も社会も男も女も
  • 少子に挑む〜ニッポン大転換〜
  • 産声消え衰退の足音

ここから私達は何を身近に読みとったらよいのでしょうか。これまでの経済合理性のモノサシだけではとらえられない社会が到来していると言うといいのではないかと思います。

つまり企業は、社員の個の問題解決(例えば若い女性社員の育児の問題等)にも手を貸していかねばならない社会が来ているわけです。なぜなら、会社は社会をひっくり返してできた言葉だからです。社会あっての会社、会社あっての社会という関係だからです。

従来、個の問題は会社にとって経営合理性のモノサシで測れない対象つまり、非合理性の問題として会社のマネージメント領域の外にあったものなどと言えます。しかし、はたしてそうなのか、一見非合理的に見える取組が、時間はかかったとしても、社員のやる気を高め社会からの評価を得、利益を高めるという、最も経営合理にかなったものになると言えるわけです。

世界に類をみない超高齢社会に突入した日本の社会にあって、従来の経済合理性のモノサシに対し"非合理的と思われてきた"モノをみるモノサシの重要性が高まってきていると言えます。

今年はこの非合理性の本質を考える1年にしたいと考えています。

平成17年1月1日 記
今去徒然草 3

『月光とピエロ』考 -眉月と私-

三団体合同演奏に向けて月光とピエロの練習が始まっている。男声合唱名曲中の名曲と云われるだけに、ピエロの悲哀がしみじみと心の奥底に迫ってくる。この何とも云えぬ男の悲しみは、一体何なのであろうか?

少し気になって考えてみた。人間は避けがたい二面性を有している。また、人はあらゆる二面性のはざまで生きている。例えば表と裏、光と影、生と死、成長と老化、建前と本音、成長と衰退、上昇と下降、開花と落花等々、挙げればきりがない。そして、人間にとって本質的なものは、どうも裏の部分、影の部分、下降の部分にあるように思われる。人が生き抜いていくためには、この二面性と対峙していかなければならないと思う。

『王者と道化師』(勝部真長著)に面白い記述を見た。『道化の精神はローマ時代以来二千年にわたって、連綿として伝えられてきたクラウン(道化師)という職業倫理につながっている。』 英語でclown(クラウン)とは田舎者、無骨者、そして道化役者である。また、帝王のことをcrown(クラウン)と読むのも面白い。『道化師(クラウン)は帝王(クラウン)の影である。』『古代の帝王は絶対的な権力を振るい、神のごとく振る舞い、秩序を維持する者で無ければならなかった。しかし、支配者であり権力者である者は同時に、あらゆる事柄について責任をとらなければならない存在でもあった。また、神の如き存在にも失敗はありうる。そこでそのような責任を他に転嫁し、民衆の怨嗟の的から逃れようとするためには、王に代わってその失敗を肩代わりし、民衆の怨嗟を引き受けてこれを笑いにする役割として、道化師(ピエロ・アルルカン)の存在が必要欠くべからざるものとなる。道化師は何をやっても失敗し、王と比べて愚かな者と見られ、民衆の嘲笑や軽蔑の対象となる事によって、支配体制への攻撃を緩和し、はぐらかすのである。』

実に面白い見方である。ピエロとは世の二面性における、影の世界を意識的に生きることを職業にしている存在だというわけである。ピエロの悲しみはこの宿命から来るのであろうか? 我々もこの二面性から逃避して生きることはできない存在である。

そこで一句   眉月を 仰ぎ孤高の意味を問う

60歳を超えて、柔軟性という魔法の言葉を杖に、心ならずも妥協を正当化して生きている私、ふと孤高という清々しい言葉が胸をよぎることが多くなった。凛として孤高を保ち、なお地上を淡く照らす眉月を仰ぎ、暫し見入った。眉月は二面性に生きる私の苦悩を知り尽くしているように思われた。

平成19年1月1日 記
今去徒然草 4

創造主(Something Grate)と私 -私にとって『輪廻転生-因果応報』とは-

早朝3時30分私は頭をめぐらせた。

生命が、植物とも動物とも区別のつかない、一つの微少な浮遊微生物の姿で、海底の泥土の中に目を開けた。以来、連綿とした生命のバトンタッチの繰り返しの結果、今私がここにいる。この生命を生み、眼を開かせたのは誰であろうか。何者の意思によってそうなったのであろうか。

ある科学者によると、私達人間の肉体が持っている元素は、すべて地球の元素だという。そして地球の元素は宇宙から出来ている。つまり、私は地球の一片なのである。そして体の60兆という私の細胞は、120日位で新しい細胞に生まれ変わっている。つまり細胞は一旦死んで、また生まれ変わっているわけである。ところで、宇宙の元素は誰が創ったのであろうか。生死を繰り返す細胞は誰が創ったものなのであろうか。科学者はそれには答えてくれない。私はそれが、大自然の力であり、創造主(Something Grate)つまり神というものであろうと思う。

どう考えても、私には、それ以外に考えられない。

私は、ある時期まで、私の体は両親から受け継いだ自分のものとばかり思っていた。いや、そこから先は考えようとしていなかったというのが正しい。

あるとき(脳腫瘍の手術を受けたとき)、私の体が神からの借り物だったのだという事に気づかされた。両親の体を介して、神の意図でこの世に生まれ出されたという事に気づいたのである。私の体は借り物であるから、いずれ死んで火葬され、炭酸ガスとなって地層を覆う。その炭酸ガスを植物が光合成のために摂取し、酸素を生み出す。動物はその酸素を吸い、植物を摂り入れる。すべて循環している。これを科学的には生態系といい、仏教では、輪廻転生というのであろう。

一方、『原因と結果の法則』というものがある。仏教で説く『因果応報』に通ずるものであろうと思う。私はこの『原因と結果の法則』を昔から身近に考えてきた。

人間、みな誰しも幸せになりたいと思っている。しかし幸せだ、と心から実感できる人がどれほどいるだろうか。先哲セネカが次のように言っている。『人は皆幸せになりたいと思っている。しかしほとんどの人がそうならないような生き方をしている』と。

幸せという結果をもたらすためには、それを得るための原因となるものを考えなければならない。よい結果を望むならば、常によい原因となるものを持たなければならない。

例えば、いつも交通違反を起こしている友人がいる。彼はいつも『運が悪い、俺はついていない』といっている。なぜこうなるのかの原因を考えていない。したがって、いつも交通違反を起こす原因を持って生活している。同じ結果が惹起されるのは当然であろう。

すべての現象にはそれに至る過程があり、究極の原因がある。そして、その現象という結果が又原因となって次なる結果を生む。人生とは、原因と結果が連鎖する、時間軸だといえないだろうか。

つまり、人生に起きるすべての事柄には、必然性があるということであろう。

又この連鎖は、今ここに生きている結果とも言うべき“わたしの現実”を基点に、遥か遠い過去へ、そして遥か彼方未来へと連なっているのであろう。当面私は、私の人生において、よい結果をもたらすべく、よい生き方の習慣という原因の中で生きて行きたいと思う。そして私の後に連なる子孫達に、よい連鎖のバトンタッチをしたいと願うものである。

そのために私は、日々、早朝の日記の中で、もう一人のわたし(真実のわたしと私は呼んでいる)との間で交わした約束(三豊の誓い)を問い糺す。

  • 豊に生きているか(私らしい楽しい生き方、自分に満足する生き方)
  • 豊に愛しているか(亡き両親と家族、犬猫、畑の昆虫、草花、そして時折えさを求めて庭に出没する猪たち、すべての命に目をやる生き方)
  • 豊に進化しているか(『無知の知』を知る生き方、見えないものを聴き、感じる生き方)
平成19年12月17日 朝5時 傍らに猫が眠る書斎にて
今去徒然草 5

創造心と言葉 -自分らしく生きる-

私の生活信条に“三豊の誓い”というものがある。その中の一つは“豊に生きる”である。私にとって豊に生きるとは、私らしい生き方をすること、そして自分自身が心から満足できる生き方をすることである。私は還暦を迎えた頃、特に“天真”というものを意識するようになった。神が私だけに与えた真実とは何か。この埋みこまれた私の真実なるものを意識し、開発することこそ、私らしく生きるということではないかと。

私はこの自分の天真に気づき、それを開発しようとする心を、創造心と捉えている。

創造心とは、人がその体に埋み込まれた、それぞれの天真を発揮するために与えられた力とでもいえようか。

世阿弥の『風姿花伝』に“時分の花”という言葉がある。人には、年齢によって現れ、年齢が過ぎれば散って行く花がある。誰でも若いときに一回は花が咲く。しかし、それは“時分の花”に過ぎないのであり、自分本来の固有の花ではない。“時分の花”が一旦枯れて、その後に再び新しい花を咲かせることが出来れば、それが“真の花“(自分の花)になるという。

芸の世界にも、経営の世界にも、若さだとか天性だけで世に出て、人気に溺れ“時分の花”が枯れて萎むと同時に、それで終わってしまう者がいる。

人は何かを考え、何かを創造するとき、また、何かを感じるとき、頭の中で言葉を巡らせている。日本人であれば日本語が頭の中を巡っている。そして、この思い巡らしたことや感じたことが、人の行為・行動として、また、表情・態度として表に現れ、そのことがその人のパーソナリティーを形成する事になる。言葉が人の思考を高め、その思考の深さと広さが、人の人格を大きく左右するといえないだろうか。

私は3年前から、川柳の句会に出ている。発端は、妻が嗜んでいたこともあるが、私の心が感じている、私特有のものの捉え方、微妙な感じ方を言葉に置き換える訓練になると思ったからである。私の無限なる感性を意識の中にとどめておくだけでは勿体無いと思ったからである。いや、感じる知性を更に磨きたかったのである。その結果、辞書や広辞苑に頻繁に眼をやるようになった。

また、私は、10年ほど前から高齢者雇用の問題に関わっている。仕事としてではあるが、私は自身の問題として捉えている。そして、脳科学者や、精神医科学者達が、“人は40歳代から感情が老化する”という警鐘を鳴らしていることを知った。また、昔愛読したヘルマン・ヘッセはある本の中で、“人は成熟するに連れて若くなる。歳をとるにつれて、心は益々弾力に満ち、しかも深まっていく。それを端的に示すのが言葉に対する反応である”と言っている。確かに考えてみると、私は64歳になった今、昔読んだ本を読み返すと、同じ言葉を更に深く味わえるようになっている自分に気づかされる。言葉からのメッセージを引き出すのは、他でもない自分自身なのである。私の精神が元気であれば、言葉は生き生きと私に迫ってくる。私の心が元気を失っていれば、同じ言葉から何ともいえない空しい響きを感じたりもする。

ところで、精神医科学者と詩人へルマン・ヘッセのこの言葉を、私はどう受け止めたらよいのであろうか。考えた末の私なりの結論は、どちらも真実として受け止めようと言うことである。鍵は“意識する”ことではないかと思っている。

さて、『創造心と言葉』。人以外の動物がはたして、“創造する心”を持ち、“創造する心を磨く言葉”を持っているだろうか。

私は、生涯私の天真を開発せねばならない存在である。そのために生涯をかけて、言葉(先人の思想)を学び続けていかなければならない。それは、わくわくする喜びに満ちた旅路である。“無知の知”に惹かれる旅路でもある。

  • 熟年と いわれてむなし この未熟
  • 広き空 耳順の決意 胸に秘め
  • 自分史を 綴り最後の 旅に出ん
平成19年12月21日 朝5時14分 いつもの書斎にて
今去徒然草 6

感謝修心と適愛 -入院にもまた意味がある-

眼をやれば 名もなき小花(はな)が 笑み返す

私は、昨年講演中、胸の鈍痛を感じた。しかし途中でやめるわけにもいかず、講演が終わった夕方、近くの病院に行くと、即、救急車が手配され専門病院に運ばれた。そして急性心筋梗塞という診断を受け、手術を受けた。たまたま行った近くの病院医師の適切な判断、緊急に運び込まれた病院のスタッフの態勢、後から考えると私は大いなる幸運に恵まれたと思う。

20年前にも、脳腫瘍との診断で、脳の切開手術を受けたが、事なきを得て今こうしている存在である。今回、2週間の入院生活の後退院した。

我が家の玄関に向かう階段の脇で、いつの間に咲いたのか、黄色い小さな花が、私に“お帰りなさい!”というように微笑みかけてきた。庭の愛犬が尻尾を振って嬉しそうにこちらを見ている。

玄関の戸を開けると、愛猫二匹が飛んで来て出迎えてくれる。私は皆から愛されているとつくづく思った。主治医、身の回りの世話をしてくれた看護士、そして入院を聞きつけて見舞いに来てくれた人達からも惜しみない愛情に満ちた激励をいただいた。

目には見えないが、私は何か大きな力で愛されているように思えてきた。

ふと、愛とは何であろうかと考えてみた。そして、思いつくまま、愛に関する言葉を上げてみた。

感謝、賞賛、希望、信頼、忍耐、謙遜、親切、善意、慈悲、正義…………。

考えてみると、これらは、“人間誰もが日常的に、心の中に宿しているもの”、そして“人間誰にも外から惜しみなく降り注がれているもの”ではないかと思う。しかし、残念ながら、このことに気づいている人は少ないと思う。それは、文明の魔力により、自分の心の声が聞こえなくなってしまったからではないだろうか。

私は幸いにも、脳と心臓の手術を受けるという機会を得て、朧げながら、そのことに気づくことができた。そういう試練を与えてくれた何者かに感謝せねばならない。そして、その試練に耐え抜き、自己に内在する愛に気づいた、この私自身に対して感謝したいと思う。

愛とは、まず“自己の存在”に対する感謝から始まるのではないだろうか。ここに生を受けたことに対する感謝、そして懸命に生きている自分に対する感謝、今自分を支えてくれている仕事(職業)に対する感謝である。そして、自分自身に光を当て、生かしてくれている周りの人々への感謝、色々

問題はあるものの、まずは平和の中で暮らせる日本という社会に対する感謝。

感謝の輪はまだまだ広がる。愛の連鎖とでも言うものではないだろうか。

18年前逝った、父の日記の中に次のような一文が記されている。

『我々は神の無限の知恵、無限のいい考え方に取り巻かれている。だから、そのいい考え方に触れないで生きるということの方が難しい。誰でもそのいい考え方に触れているのである。

しかし、触れていても、それを受け取らず、それを実践に移さない場合には何の役にも立たないのである。……(後略)』

また、先哲の言葉が私の頭をよぎる。『人は皆幸せになりたいと思っている。しかし、多くの人が、そうならないように生きている。』私は経営コンサルタントを業として、さまざまの経営者と接してきた。そして今、はっきり気づいたことがある。

それは、“男性の事業の失敗は、能力の欠乏にあるというより、愛の欠乏にある”ということである。そして“愛を感じる力”も経営能力の大事な能力であると思う。

平成20年1月12日 12時30分 雨上がりの事務所にて
今去徒然草 7

天意と命 -私の天真と命-

森信三著『修身教授録』に次の記述がある。

「そもそも人間というものは、その人が偉くなればなるほど、次第に自分の愚かさに気がつくと共に、他人の真価が次第にわかってくるものであります。そして人間各自、その心の奥底にはそれぞれに一個の天真を宿していることがわかってくるものであります。

天真に、二、三は無く、万人すべてに等しいのでありますが、ただその本性の開発の程度の如何によって、それぞれ独自の趣を発揮してくる訳です。それゆえに、一度この点がはっきりしたならば、いかなる者にも、穏やかに、優しく、かつ丁寧にせずにはいられなくなるはずです。」


この一文は、森信三氏が敬愛してやまない、吉田松陰先生が如何に優しかったかを語る中で述べられたものである。

私は、今回示された『天意と命』という言葉を眼にして、まずこの『天真』という言葉が頭に浮かんだ。天真とは、“天がその人だけに与えた、真実”だという意味に捉えている。

考えてみると、恐ろしいほど、遥か遥か彼方の太古の時代から、連綿と続く“命のバトンタッチ”により、私はここに偶然にも生を得ている存在であるといえる。そして、私の生命は、一日たりとも休むことなく、流れてやまない存在である。

64歳を超えた、私という一つの生体は、始めと終わりの区別のつかない思いの中で、時には老いを感じ、時には子供になったりして、感慨の間に浮き沈みしている。

老いや死を考えると、別れの日が思い出され、惜別の感慨が私の身を取り巻き始めることもある。

その一方で、未だに初体験や、新たな境地の出現を意識すると、年齢を忘れて、少年時代の空想に浸ることもある。

また、連綿と続く神秘な、“命のバトンタッチ”の中で、一億分の一という確率で、偶然にも私がこの世に生まれ出たことも、科学的に確かな事実であろう。私がここに存在するということは、他の99,999,999個の競争者の犠牲の下に、熾烈な生存競争に生き残ったという証でもある。

更に、生物の進化をたどれば、天文学的な確率でヒトとして、生を受けているともいえよう。

私が、路地裏で餌を探す猫に生まれ出ることも、また冬の寒風の中、懸命に花を咲かせる草花として生を受けることも、可能性としては十分あり得たのである。

裏山の植物達は、それぞれに生まれついた環境の中で、陽の光が足らない等と不平を言うこともなく、懸命に生きて、“命のバトンタッチ”をやっている。そしていつも、私達人間に何かを語りかけている。与えられた環境の中で、自分に出来ることを健気に、精一杯やっている。

そして、生命が生きることの意味を、私に伝えようとしているのである。

「ひとりひとりには、“普遍の光”がある。その“普遍の光”を育てることこそ、本当の子育てであり、教育である」と誰かが語っていたことを思い出す。

ふと私は自問する。「人は何故生涯学び続けようとするのか?…」 そして私は自答する。「自分に内在する、この“普遍の光”に気づくため、そして、そのことに気づいた以上、それを輝かせないではいられないではないか…」と。 “気づきを得た私の内なる“普遍の光”が更に、他者に内在する“普遍の光”に火をつけ輝かせることになる。 天真を発揮するとはこの様なことではないかと私は思う。

私は、一人間として、また一経営コンサルタントとして、私の内なる“普遍の光”を放ち続けたいと願っている。

平成19年12月8日 記
今去徒然草 8

経営者能力と愛 -優しさと厳しさの中で-

企業の経営者、なかんずく中小企業の経営者にとって愛とは何であろうか。

経営者は何より顧客を愛し、会社を愛し、そして社員を愛する。それがゆえに、時として苦渋の決断をせねばならない。それができない事業者は真の経営者とはいえない。

愛という概念は、ゲゼルシャフトとしての大企業には無い概念であろう。しかし、ゲマイシャフトとしての中小企業を観察すると、この愛こそが組織の求心力として大きな機能を果しているように思われる。そして、中小企業組織における愛とは、すなわち、中小企業経営者自身の愛を意味する。

私は、経営コンサルタントとして25年間、中小企の支援を業としてきた。その中で、特に印象に残る5人の経営者の生き様を考えてみたい。

1番目はS社である。数年前、私の知っているあるS建設会社の社長が自殺した。“あの社長がそこまで思いつめていたとは!”それを聞いて私は考え込まされた。自分の命と引き換えに会社と社員、そして取引先を守ったのである。今その企業は、それまで専業主婦をされていた奥さんを社長に、社員一丸となって頑張っている。これも一つの経営者の示した壮絶な愛の形というべきであろうか。

2番目は、K社である。K社には、私が尊敬する経営者の一人であるK氏(80歳)がいる。K氏は現役会長であり、アララギ派の歌人でもある。私の大学の大先輩でもあり、日頃から親しくおつき合い頂だいている。彼は、学徒出陣のとき万葉集をすべて頭に叩き込んで戦地に赴いたという。私は彼から、“動と静を同時に生きる”知恵を学んだ。経営者は、常にどろどろとした現実に生きなければならない。その現実に足を置いて、先頭に立って会社を守り育て、社員とその家族を守ることを考えなければならない。だからこそ、その現実の中に常に、“静の時間”を作り出し、静かに心を整え、“山川草木なる自然の愛”を感じる時を、持たなければならないというのである

昨年暮れ、彼から呼び止められ、上梓された一冊の本をいただいた。

表紙には 歌集『鉄の香』と刻まれている。K社は機械商社である。タイトルの鉄とはそのことを意味しているのであろう。ページをめくって、いくつかの句を紹介してみたい。


  • 退職者の未来の生活さまざまに 浮かびて今宵 眠り難しも
  • やむにやまれぬ心となりて 会長われ解雇通告せり青年に
  • 五年ぶり 賞与支給のゆとりでて 心たかぶる社員らの前

勿論、斉藤茂吉を敬愛されるアララギ派の歌人であり選者である彼のこと、すばらしい文芸的歌も多数綴られている。しかし、この歌から、経営者の“研ぎ澄まされ、搾り出したような愛”を感じるのは私だけであろうか。

3番目は、私が経営コンサルタントとして、スタートした時から、今日まで約20年おつき合いをいただいているN社である。3年前、社長は自宅のすぐそばで火事を目の当たりにされた。泣き叫ぶ被害者の姿を目にして、翌朝の会社に出るや朝礼で、全社員に火事への注意を喚起すると共に、家庭での消火器の備えを確認した。そしてその場ですぐ、40数個の消火器を発注し、その日の帰りに社員に持ち帰らせた。また、昨年10月、今年4月に中途採用した若い社員が、辞めたいと言ってきたという。社長は理由を質しすぐ、その青年の奥さんも交えて話し合いの場を設け、彼らの生活を立て直すことに親身になって力を貸した。N社は今、規模は小さいながら、地域を代表す優良企業として評価を得ている。

4番目は、経営理念を見直した創業78年を迎える老舗H社のことである。昨年の10月より全社的な行動基準を策定した。それに先立ち、経営理念の見直しを行った。そしてこれまでの経営に対する精神を次の3つの言葉に纏め上げた。


私達は、“三つの安”、“三つの誠”、“三つのご縁”を大事にし、地域の食文化と食生活の向上の一翼を担います。

  • 三つの安(①安心 ②安全 ③安価)
  • 三つの誠(①誠心 ②誠意 ③誠実)
  • 三つのご縁(①社員とその家族とのご縁 ②お取引業者様とのご縁 ③お客様とのご縁)

ここで社長は最後の三つのご縁にこだわった。三番目の“お客様とのご縁”を最初に挙げたいと主張した。私は、“お客様に対して『真実の感謝の心』を伝えるためには、まず、社員とその家族が会社(経営者)に対して真に感謝する心がなければならない。そして会社を支えてくれている取引業者の人々に対する社員の感謝心である。”とアドバイスして、結局、そのように収まった。経営者にはいつも、顧客に対する“真実の愛”が求められていると思う。

5番目は、最近倒産したS社のことである。経営を持ちこたえられないことを知った経営者は、秘かに己が身を守るための準備をして、どこかに逃亡した。数日後、不渡りを出し、突然の倒産を知らされた社員と取引先企業の狼狽した状況を考えるだけで、身が削られるような思いである。

最後に、私が以前に深く考えさせられた、国家に対する愛について述べたい。英国の宰相チャーチルは、あの第二次世界大戦で、ナチスがイギリス本土の、ある都市を爆撃するという情報を傍受した。しかし、彼はそれに対して、何ら表立った市民への情報提供や防衛策はとらなかったといわれている。そしてその都市が爆撃された。ナチスの空軍は、情報が傍受されているとは知らず、予定の爆撃を実行し、多大の損害を負い、これを契機に敗戦の道を辿ったという。チャーチルは、敵に最大の損害を与え、国民の犠牲を最少にとどめた英雄として歴史に名を留めることになった。これも、リーダーの大いなる国家に対する愛といえよう。

ここに紹介した、組織のリーダー達には、その置かれた立場の違いこそあれ、等しく環境の変(相手の状況)に目をむけ、自らの組織(国家)を守ること、そしてその社員とその家族(国民)を守ることにこそリーダーとして、自己の存在理由があると自らに言い聞かせているように思われる。そしてその陰で、一人、孤独に耐えながら、自己の真実(真実の自分)と向き合っているはずだと私は思う。

経営者(リーダー)の能力における愛とは、真実のものでなければならない。真実の愛なくして真のリーダーにはなれない。私は、幾多の経営者の生き方から、多くのものを学ばせていただくことができて、心から感謝せねばならないと思う。

平成20年1月15日 朝4時30分 書斎にて
今去徒然草 9

まごころと自我 -私のまごころはどこにあるのか?-

仏教の教えに同行二人という言葉がある。

人間にはいつも、もう一人の自分がいる。いつも最も近いところに、最も信頼すべき、もう一人の自分がいる、だから決して寂しくは無い。というわけである。

私は今こうして、毎朝机に向かって日記を書く習慣を大学生の頃から持っている。そして日記を書く時、私は、決まって、このもう一人の自分を意識している。日記を書く時間は私にとって自問自答の時間である。

人間はいつも二つの自分、つまり自我と自己に揺れながら生きていると思う。二つの自分とは、損得と欲望に操られている“日常的自我”を持つ自分、そうして、もう一つは大自然の意思(合目的性)に従う“絶対的自己”に導かれる自分である。

生きるということは、まさしく競争であり戦いである。父親の肉体を離れた一個の精子であったその時から、生き抜くための闘争を運命づけられた私である。

そして今も、悲しいかな、私は現実に生きなければならない。日常的自我を大きく膨らませて、絶対的自己を心の奥底に押し込めて生きているのである。時々、それでいいのかと絶対的自己が心の奥から叫びかけてくる。

一休禅師の歌に「夜もすがら ほとけの心をたづぬれば わが心にぞたづねいりけり」というのがある。“ほとけ”は結局、自分の心中にあったといっている。

そういえば、昔若い頃読んだ詩人ゲーテの詩集の中に、言葉は確かではないが、“人間には神が宿っている、だから人間には神の声が聞こえるのだ!”という意味のことが書いてあったことを思い出す。私が早朝に日記を書いている時、実はこのもう一人のわたしが私に話しかけて来る。そして、この私とわたしのやりとりの言葉を、万年筆を握る私の手が日記帳に文字にしているのである。

複雑高度化する今日の社会の中で、自分らしく、明るく元気に生きていくために、時々ふと自分に立ち返る時を持つ工夫が必要だと思う。私自身の“感じる知性”(相手を感じる、相手を思いやる、相手の身になってみる、相手のために自分に何が出来るかを考えてみる…)は、このわたしから湧き上がってきているように思えてならない。

まごころは真心と書く。神が私だけに与えた真実を「天真」と書く。

まごころは自分の「天真」を意識したときに真の心となるのではないか。私に「天真」があると同じように、人にも「天真」が埋み込まれていることを知ったとき、人に対して真の心で接せないではいられなくなる。人のために尽くしてあげなくてはいられなくなる。そして人が生きるための環境をよりよいものにせねばならないとの思いが高まる。多少お節介人間にもなる。これがエヴァに生きる人の生き方ではないか。遅ればせながら、このことを64歳にしてやっと気づいた私である。

平成19年12月29日 朝5時10分 記
今去徒然草 10

わくわくと天命に生きる -私は生かされている-

昨日も不思議なことが起きた。朝から仕事のため事務所を出て、夕方6時過ぎに戻った途端、経営コンサルタントであるK氏が息せき切って尋ねてこられた。

私をある大学の非常勤講師として紹介したいが、その意思があるかとのことである。

彼はK大学の監事をしておられ、私の出身大学の先輩でもある。

指導科目は、中小企業論と会社法について、実施は4月より週1回ということである。勿論、やらせていただくことを述べると、彼は即刻大学に携帯電話を入れ、私から内諾を得たことを報告し、面談の日時を取り付けてくれた。既に、大学では二人の候補者名が挙がっていたが、彼から見たら、私の方が適格者であるという。来週の監事会で最終人選が行われるので、私の意思を確認するために事務所に来られたのだということがわかった。しかも、まず選任されることは間違いないという。

私は、経営コンサルタントとして、本格的活動を始めた年、母校に大学院が創設され、その一期生として入学した。入学の目的は三つあった。その第一は、これまでの社会人として積み重ねてきた経験と、中小企業診断士資格を取得するために勉強してきた理論を、再度体系化して学び直し、これからのコンサルタントとしての確かなスキルとすること。

そして二つ目は、いずれ大学の講師として、若い学生たちに現場の経営学を教えたいということ。最後の三つめは、経営に関する本をいずれ出版するための準備をしておきたいということであった。

その後13年間自分なりに体系化したスキルを武器に仕事に没頭してきた。その間、大学の教壇に立ちたい、そして本を出版したいとの思いは心の奥底に埋もれていた。

ところが、昨年の4月ごろから、私の身の周りで、思いもかけない出来事が次々に起こっている事に気がついた。ある人との出会いから本を出版する事になり、その本の原稿書きが、処もあろうか、6月末、突然の急性心筋梗塞で担ぎ込まれ、2週間の入院生活を余儀なくされた病院のベッドで始まったのである。思いもしなかった貴重な時間がプレゼントされたことになった。そして今年の4月、私の念願の本が全国の書店に並ぶ事になる。

又、昨年の12月末突然、東京の厚生労働省管轄の独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構の担当者から電話が入った。それは、これからの『70歳雇用を考える準備委員会』の委員に就任してほしいとのことであった。しかも、この委員会は全国から現場の専門家10人で構成するとのことであった。私は数年前から、社団法人長崎県雇用支援協会から委嘱を受け、『高年齢者雇用支援アドバイザー』として、定年を迎える人材を企業が65歳まで雇用継続するために、行政と企業の間に立ってその啓蒙・調整・推進に当たってきた。この仕事は私のライフワークになると思い、大事にしてきたものである。65歳になる経営コンサルタントとして、そろそろ私に相応しい仕事に重点化せねばならない。そして、それは、“中小企業が少子高齢化社会に相応しい組織風土へ転換すること”のお手伝いをすることだと思っていた。その矢先に、委員への要請があったのである。

この一連の流れを、私はどのように受け止めたらよいのであろうか。

私のこれまでの足跡を、過去の日記帳などをめくりながら振り返って考えてみた。

  • 機とは本人の意図ではなく、向こう側から訪れるものなのではないだろうか。
  • それは、人智を超えた何か大きな力の計らいによるものではないだろうか。
  • しかし、それを与えられる者は、与えられるようなチャンスを自ら作っているのではないだろうか。
  • とことん仕事に打ち込むこと、寝ても覚めても一生懸命に打ち込んでいれば、どこかで繋がってくるものではないだろうか。

これが私なりの結論である。

先日ある人から、「コンサルタントという仕事は貴方の天職ですね」といわれた。

何故かと問うと、その人は、“貴方を見ていると、いつも仕事が楽しくて堪らないというように思われる。いつもわくわくしているように見える」との答えである。一瞬笑ってしまったが、考えてみるとその通りかなと思う。最近の私は、仕事が実に楽しい。事務所に出るのが楽しい。今日はどのような人との出会いがあるか、などと思いながら事務所に出る。

確かに、今の私の仕事は天職なものかもしれない。天が私を生かそうとしてくれているのかもしれない。そのように思えてくる。

平成20年1月28日 朝6時 記
今去徒然草 11

貯徳心と旦那道 -大いなる喜びの共有-

私は長崎アカデミー男声合唱団(通称アカ団)の一員である。長崎県にはこのほか、佐世保と川棚に男声合唱団があり、2年に一度、持ち回りで合同の演奏会を実施している。

今回はわがアカ団がホスト役である。そして、平成20年1月27日、第7回男声合唱合同演奏会が長崎ブリックホールで行われ、成功裏に終了した。しかも長崎の合唱界で新記録を作った。つまり2000人の会場を満席にしたのである。アマチュア男声合唱団がブリックホールを満席にすることなど、誰にも考えられない快挙なのである。私は今回実行委員長として、誰よりも観客に感謝の気持ちを込めて歌った。そして最後の第四ステージが始まる前に、満場の席を埋めたお客様に向けて、お礼のご挨拶をする光栄に浴した。この大成功の要因について、今後のために、検証してみることにした。

実行委員への要請があった時、私は仕事の都合もあり、まず断った。しかし再三の要請を断りきれず応諾した。そして引き受けるからには、この機会を利用して企業革新の手法を導入して、大きな目標を掲げ、その達成の喜びを皆で味わおうと思ったのである。まずそのための作戦を練った。

そして『ブリック-2000 3S-40作戦』なるものを、昨年4月、第一回実行委員会に提示した。

つまりブリックホールを2000人の客で埋め尽くそう!そのために、三つのSに取り組もうというものである。三つのSとは、“さすが長崎”、“さすがアカ団”、“さすがOld Boys”の三つの頭文字をとったものである。佐世保、川棚の合唱団メンバーにとって、長崎のブリック大ホールのステージで歌うことは夢であろう。しかも満員の席で歌う喜びは格別であろう。そのような喜びに浸ってほしい。 これが“さすが長崎”に込めた願いである。そして、そのようなことを可能にするホスト役、アカ団の底力を見せると同時に、アカ団メンバー自らもその喜びに浸ろう!これが“さすがアカ団”に込めた思いである。そして最後に、平均年齢60歳を超える各合唱団のOld Boy達の、酸いも甘いも噛み分けた心の響きで、聴衆の心を満足感で満たそう!そして年長者ならではの、心配りと、もてなしの精神で、来場者を満足させよう!これが“さすがOld Boys”に込めた決意である。

当初実行委員の大半が、“ブリック-2000”はとてもムリであるとの意見であった。特に、一人当たり40枚(2000÷アカ団団員50人)のチケット販売には難色を示した。私は、「これまでのアカ団の実績、社会的期待度等々から、決して手の届かないものではない。ただしこれまでのやり方ではムリだ。一人ひとりがこれまでにやったことが無い方法を工夫して、自分に出来ることをやってみよう。」、「そして実行委員が絶対やれるという自信を持とう」と説得を重ねた。そして私は団員の奥様達に働きかけて、応援団結成を提案し、了承された。「アカ団ファミリー応援団」のメンバーが街頭でのチラシ配り、行きつけの美容院でのチラシの掲示やチケット販売、スーパーマーケット掲示板への案内などなど、男性では思いつかない色々な活動を始めてくれた。こうなれば男性委員も黙ってはおれない。昔の職場で、行きつけの飲み屋で、趣味の会で、教師時代の学校で、と真剣に図々しくも?逞しい活動が始まった。また、合唱経歴の長い実行委員は、他合唱団訪問、放送局、ラジオ局、新聞社の友人の縁等を頼っての周知の働きかけ等、多士済々の実行委員会Old Boy達は、昔の経験、人脈をフルに生かして動き回った。これを見た他の団員達も腰を上げた。お客様に来てもらおう。お客様を楽しませよう。佐世保、川棚の合唱団メンバーを感激させよう。『ブリック-2000 3S-40作戦』の歯車がかみ合い、力強く駆動し始めたのである。

そして、昨年12月末、私は、アカ団全員の前で、“40枚売れない人は手を挙げてほしい、みなの力で応援するから。互恵関係によって全員で達成の美酒を味わおう!”と。しかし助けを求めた人は二人きりであった。結果的には、全員が目標を達成したのである。


演奏会は、フィナーレに近づいた。

合唱団に向けて送られる2000人の感謝の大拍手、それに応える合唱団の心からの感謝のハーモニー、そして、共に歌う仲間への感謝の気持ちが一つになって、何とも言えない満足感が、会場に渦巻いた。

『ブリック-2000 3S-40作戦』がここに願い通り達成したのだと私は喜びを噛みしめた。

翌日は、アカ団団員の自宅の電話に感激とお礼の電話が鳴り響いたという。私の事務所でも同じことが起こった。そして団員から、委員長としての役割を果たしてくれたことへの感謝の声が寄せられた。

私はしみじみ思った。“歌を歌っていてよかった!実行委員長の役を引き受けてよかった!歌を歌い続けられてよかった。”と。

実は、私は秘かに“ブリック-2000”が達成できなかった時は、潔く退団することを決めていた。しかし、その必要はなく、喜びの美酒に浸ることができたのである。すべての人々に、そして私自身に感謝している。

“根拠の無い自信”なるものが、私を一貫して支え続けてくれていたことを私は知っていた。真のリーダーシップとは、感謝と愛に根ざすものだということを、私は改めて学ばせて頂いたと思う。

自分の事例で、おこがましい限りだが、真のリーダーシップこそ、旦那道に通じるものといえるのではではないかと思う。

平成20年2月4日 立春の朝 記
今去徒然草 12

智徳と元気 -65歳からが本番の人生-

自分史を 綴り最後の 旅支度
終着駅 私が決める この旅路

毎月私の事務所で行われる『めだか川柳会』の新春句会に出したものである。

私は新年を迎えて間もなく65歳になる。いわゆる統計上の正式な高齢者となるのである。考えてみると、人の一生は、生を受けてある時期までは、山の頂上を極める旅路であり、そしてある時期からは、極めた頂上から自分の原点に戻る旅路であるといえよう。

しかし、頂上から降りる時、人は転げるように下るのではない。頂上から見渡した感動を胸に、頂上を目指す時には気づかなかった、足元の草花の微笑み、野鳥の囀り、風の匂い等を感じながら歩いている。死を意識することは生を意識することでもある。

若い頃には見えなかったものが見え、聞こえなかった声が聞こえ始め、感じることができなかったことが感じられるようになる。高齢者は自ら意識さえすれば、知恵という魔法の杖を授かっているのである。昨年12月の暮れ『余生悠々(雄裕)20年計画』を作成した。

  • 65歳から は“最後の現役に徹する生活”(動と静に生きる)
  • 70歳からは“現役を楽しむ生活”(静と動に生きる)
  • 75歳からは“人生を楽しむ生活”(静に生きる)

等をテーマに、私が90歳まで生きるための目標を設定した。計画を作ると不思議な事に、90歳まで生きることが当然のように思えてくる。さて、問題は高齢初期、65歳からの生き方である。この時期を大人として確り生きることが大事である。そのためには、自分の真実、天真を発揮する生き方をすることだと思う。そこで私はこれからの5年間、これまでの経営コンサルタントという私の仕事(生き方)の総仕上げをせねばならない。“自分の花”を凛と咲かせねばならないのである。

世阿弥の『風姿花伝』の中に“時分の花”ということばがある。“時分の花”とは年齢によって現れ、年齢が過ぎれば散っていく花である。誰にでも一度は咲かせることができる花である。“時分の花”が散った後、再び新しい花を咲かせることができれば、それが“自分の花”になる。私は65歳になる今年から“自分の花”作りに専念したいと思う。これが私にとって“最後の現役に徹する生活”を意味している。65歳から咲かせる“自分の花とは、本物の花、真実の花でなければならない。その花を見てくれる人に、感謝と生きる勇気を与える花でなければならない。歳を重ねる旅路とは捨てたものではないというメッセージを発する花でなければならない。そのような花を咲かせるためには、どのような心の肥料が必要なのであろうかと私は考える。そして、しみじみ“無知の知”を思い知らされる。私の前にはなお、無限の未知の世界が広がっていることを。真実を追究する旅はまだまだ終われないことを知る。しかし、不思議な事に、少年時代に感じた、わくわくするような未知への探究心が私の心の中で蠢いている。そして何とかなると勇気づけてくれている。真実に向けた最後の私の旅が始まろうとしている。

平成20年1月20日 雨音聞こえる書斎にて
今去徒然草 13

70歳まで働ける社会の実現に向けて

私は10年前、55歳になった時、自分自身の能力について考えるようになり、“人の高齢化と能力”の問題に強く関心を持つようになりました。そして、この問題をライフワークとして自分なりに研究して行こうと考えました。

私は5年前から川柳の会員に入っています。メンバーは8人で、いずれも高齢者です。毎月私の事務所で句会が催されますが、先日の兼題の一つは“旅”でした。

驚いた事に、皆が共通して、“旅”という兼題を“死に向けた旅”というイメージで捉えていたのです。因みに、私の句も

自分史を 綴る最後の 旅支度
やっぱりネ 旅路の終わりは この家だ

等です。メンバーのいずれの句にも、自分がもう若くはないことを知り尽くした感慨が漂っていました。考えてみまと、人の一生は、生を受け、ある時期までは、山の頂上を極める旅路であるといえます。そしてある時期からは、極めた頂上から自分の原点に戻る旅路であるといえないでしょうか。しかし、頂上から降りる時、人は転がるように急いで下る様なことはしません。頂上から見渡した感動を胸に、頂上を目指す時には気づかなかった、足元の草花の笑みや、野鳥のさえずり、風の匂い等を感じながら歩いているはずです。死を意識することは、生きることを意識することでもあります。若い頃には見えなかったものが見えはじめ、聴こえなかった声が聴こえはじめ、感じとることができなかったものが、感じられるようになってきます。高齢者は、自ら意識さえすれば、知恵という“魔法のごとき力”を皆が授かるはずだと思います。


さて、平成18年4月、社員の65歳までの継続雇用が企業に義務付けられました。そして19年4月より『70歳までの雇用プロジェクト』の幕開けです。総務省が平成19年11月現在、わが国の75歳を越える高年齢者が人口の10%を超えたことを発表しました。長崎県は高齢比率全国上位にある中で(23.6%:平成17年度国勢調査)、全国一二位を占める若年人材流出県ともなっています。

都市と地方の格差問題が論じられる最中で、若者が減少する地方の企業が、いかに生産活動を維持していくのか、企業にとっては切実な問題です。その対策の一つが高齢者という“下山者”の経験と知恵を戦略的に企業組織に取り込むことだと思います。

世界初の“日本型少子高齢社会”という社会構造に対して、企業はできる限り早く、その先見性を発揮して、“戦略的対応策”をとるべきであると私は考えます。戦略的対応とは『少子高齢社会に相応しい組織へ向けた全社的体質転換』です。因みに、先進企業の高年齢者雇用問題取り組みに共通するものは、“戦略的対応”という一点にあるといえます。例えば、『全員参加によるTPMを自社流に改良したDDK活動(誰でも出来る活動)による0指向運動』や『全員参加によるTFC活動(教育訓練、改善提案、5S活動)と、全社的ムリ・ムダ排除のための各種冶具の開発とロボット導入』、更には、『全社的・抜本的、能力、仕事、賃金制度の見直し』等々の組織的展開です。そのいずれの企業の策も、避けて通れない“少子高齢化という社会的枠組みの変革”に対して、企業体質の組織的な転換というスローガンを掲げて対応しています。それは、高齢者を、企業の社会的責任において、組織に取り込むというよりも、少子高齢化社会そのものを、企業組織の中に戦略的に取り込もうとする試みであるともいえます。その結果として高齢者が、やりがいと誇りを持って働ける職場の実現、そして、そのことはとりもなおさず、高齢者以外の全ての社員にとっても、同じく働き甲斐のある職場の実現となっていくことを狙っているわけです。

もう一つ見逃してはならない視点があります。それは、法的側面の整備や労務管理における経済合理性の追求を超えて、雇用される高齢者の人間の内面に光を当て、企業として支援策を講じようとしている姿勢ではないかと思います。先に紹介しました、企業では65歳を超えたエルダー社員に、若手の人材育成役や、かけがえのない技術の伝承役として、誇りと自信を持って仕事ができる工夫をしています。

また、その経営者は次のように語っています。「高齢社員は、“自分を生かす”働き方をしてほしい…。60歳を超えたら、余生を楽しむことを主に考えるべきだ。そうすると家庭生活が第一であることがわかってくる。そして、家庭生活を充実させるためには、仕事が必要であることに気づくはずだ。」と、いうわけです。いずれも、高齢社員自身に、働く意味を主体的に考えさせようとしています。


19世紀の哲学者ニーチェは“文明の魔力”という言葉で、「文明の進化が人間を萎えさせる」という警鐘を発しています。行き先もわからぬまま、進化して止まない高度情報化社会とは、残念ながら、ニーチェの警鐘を一部現実のものにした社会と言えるでしょう。メール人間になって、生の人間とのコミュニケーションがとれない若者の増加、それに伴う各種社会的問題の派生なども、そのことを如実に物語っていると思えます。

一方、結果として、情報化の魔力に毒される度合いが少なかったのが高齢者であったとも言えます。彼らは、先進国で類を見ないほど高い就業意欲をなお保ち続けています。

企業組織では、正に、高齢者の知恵と経験が欠かせない状況が、各所に生まれていると思います。

また、日本には、世界に冠たるソフトパワーがあるといわれています。その一つが“社員重視の一丸経営の風土”です。更に、世界に冠たるイノベーションパワーがあります。例えば、世界一の“省エネ技術”、“環境保全技術”、産業用ロボット技術”などです。先人が築き上げてきたこれらの財産を基に、高齢者パワーを旨く取り込み、世界に先駆けた、『日本型高齢社会モデル』を一丸となって築くこと。これこそ、日本国家の戦略であり、その暁には、必ずや、『尊敬を集める日本の時代』が約束されているはずだと思います。


最後に、『70歳まで働ける企業』創出事業取り組みに当たって、私の65歳の気概を記して、私を含めた高齢者の更なる奮起を促したいと思います。

  • “実るほど頭を垂れる稲穂かな” ならぬ、“実るほど頭を上げて知の旅路”
  • “能ある鷹は爪を隠す” ならぬ、“能ある鷹は爪を要せず”
  • “可愛がられる老人たれ” ならぬ、“尊敬される老人たれ”
  • “老人は孫の遊び相手” ならぬ“老人は孫の師範たれ”
  • “老いたら素直になれ” ならぬ“頑固は老人の真骨頂”
  • “金の切れ目が縁の切れ目”ならぬ“金の切れ目が心眼を開く”
今去徒然草 14

癌治療に伴う非科学的体験 もう一つの考え方

平成24年7月4日、私は人間ドックで検査を受けた。そして23日、他の病院での細胞検査の結果、間違いなく大腸癌であるとの診断が下され、8月18日から入院した。

考えてみると、私は過去に3回の入院体験を有している。1回目は25年前、経営コンサルタント開業を目指して、それまで24年間勤めてきた日立に退職願を提出した。その直後、病院から脳腫瘍との検査結果が届いた。そして2回目は、5年前である。講演中に胸の痛みを覚えたが我慢して講演を続けた。終了直後近くの病院に駆け込んだが、即救急車に乗せられ他の病院に移送された。病名は急性心筋梗塞であった。そして3回目が、今回の大腸癌での入院である。

私の入院はこのようにいつも突如訪れている。まさに青天の霹靂である。しかも、頭と心臓と大腸と、いずれも人間にとって重要な器官での入院である。

今回も、実のところ私の体調は絶好調であった。その日もいつものように、朝3時に起床して5時半までデスクワーク、そして5時半から大型愛犬を伴った40分間の坂道早歩きの散歩、散歩から帰宅後の柔軟体操、エキスパンダー100回、腕立て伏せ100回、腹筋100回、テニスラケットの素振り250回等々いつものメニューを消化して、仕上げは朝風呂である。それなのに癌の宣告とは。

しかし、正直いって私の心には、2回目の時と同じように、大きな動揺はなかった。ただ、今回も一瞬「なぜ私が?」との疑問が過ぎった。しかし、すぐ冷静になり、「日々健全に生活している私への癌の宣告、これは神が何かを私に伝えようとしているのだ。それが何なのか、それが知りたい。」と、正直冷静に受け止めることができた。

そしてその後、やはり何かが動き始めた。入院予定日前日の朝、手術を担当するN先生から電話があり、「明日の入院に備えて、念のため心臓のエコー検査をしておきたいので、本日午後検査に来てほしい」とのことであった。そしてその日の心臓のエコー検査の結果は、私にとって全く信じ難い驚くべき奇跡をもたらしたのである。

エコー検査担当の先生が言うには、私の「心臓の筋肉が全部動いている」というのである。つい1月前の検査では、私の左心室の筋肉は30%壊死しており、異常な波形を示して心臓の一部が動いていないことをはっきり画像が示していた。

私の心臓は5年前に、心筋梗塞で病院に担ぎ込まれて以来昨日まで、左心室の30%は動かない状態にあったのである。そして、一旦壊死した心臓の筋肉は元に甦ることはないというのが現代医学の厳然とした知見である。

私にとって、壊死した心臓の筋肉が動くなんて全く信じられないことである。何度も検査の先生に確認した。しかし「全く問題なく動いている、他者と遜色なく動いている。」と繰り返すばかりであった。

驚きつつも、何度も執拗に確認する私の行為の裏には、ある表現しようのない喜びがあったのである。それは、「もしや奇蹟が!」というワクワクするよう期待感である。

実は、私は、大腸の癌を宣告された7月23日以来、ある人の心温まる支援で、ある会に入会し、マインドパワーを用いた代替治療(科学の力では解決できない病気に対する科学以外の治療法)の一つを学ぶために、名古屋や福岡でワークショップに参加していた。そして、各ワークショップの都度、これまで眼にしたことがない光景を眼の辺りにしてきていた。

そこには、一旦は医学から見放され、途方に暮れていた人々(家族)が代替治療に出会い、再び人生を取り戻し、その喜びと感謝の気持ちを抑えきれず、体中でその体験を他者に伝えようとする人々が大勢いたのである。

どのワークショップ会場にも、他者を思いやる愛のエネルギーが渦を巻き、会場に入るや一瞬たじろぎを覚えたほどである。

それ以来私は、多くの善意の人々の行為に背中を押されて、毎朝大腸の癌部に手をかざして意識をそこに集中させて、マインドパワーを送り続けてきた。「私の直腸の癌消えろ!」、そして、ついでに、ありえないこととは思いつつ「私の心臓の壊死した筋肉甦れ!」とその患部にエネルギーを注いできたのである。

また、長崎市内で私と同じ会に所属されて、代替治療を採り入れて内科診療をされているT医師を訪ねた。T医師は、3年前胃癌で胃を切除されていた。私はT医師に手術をするべきか否かを相談した。T医師は言われた。「藤澤さんも3年前の私と同じくお忙しい身なので、他者に対する支援行為を施す時間が限られている。手術をしないで回復するためには相当の他者への心からの支援(愛)が必要になる。その意味では、先ず手術を受けて、その後の回復を良好にすることを考えた方がよいのではないか。しかし、それは藤澤さんの判断です。本当に手術をしないことを願い、そのために他者への支援を心からやる覚悟があれば、その選択もあります。」ということであった。

この代替治療法の根底にあるエネルギーとは愛である。そして、愛の力を利用して人間が生まれながらに有している自然治癒力を他者に気づかせてやること、そして自己を信じその自然治癒力を高める努力を促すことである。


今日の21世紀型文明社会に生きる我々は、科学の力に惑わされ、現代医学に基づく処方と医薬に、何の疑問も無く依存してしまっている。その結果、人が本来持ち合わせていた自然治癒力が惨めなまでに萎縮してしまったのである。勿論医学側にも大きな問題がある。現在の医学(科学)だけでは人間の病気を治せないのである。そのことは医者自身が最も認識しているはずなのである。しかし、科学を絶対的に信奉する医学者の多くは、科学の外の世界に目を向けようとすることはしない。

科学(医学)から見放され、不幸に喘ぎ苦しむ人々を救う力こそ、科学ではなく愛の力なのである。愛の力とは、患者に希望を与え、自己の自然治癒力を高めることを気づかせる行為である。

今日、人々は愛に飢えて暮らしているように思われる。愛とは、具体的には、親切、善意、感謝、慈悲、賞賛、希望、信頼、忍耐、謙虚……等を総括した概念である。

「真の人間的生活とは何か」を追求した新フロイト派の代表フロム(1991)は次のように言う。

「愛とは愛する者の生命と成長を積極的に気にかけることである。」
Fromm, E. (1956), The Art of Loving, New York, Harper&Brothers.(鈴木晶訳『愛するということ』紀伊国屋書店, (1991年)

私は、平成24年3月19日に長崎大学より博士(経営学)の学位を授与されたが、この論文の中で考察した、「経営意思決定に於ける愛の概念」の思考過程がフロムの考え方と繋がってくる。

そして、結局、私はT医師のアドバイスに従い先ず手術を受けることにした。

ところが、私の執刀医は人口肛門をつけることを大前提にしていた。彼は医師として当然、直前の検査データに基づき、私の直腸癌は肛門から6センチ辺りにあることを確認し、その部分を切除して縫合した場合を想定した。そして、縫合部から便が漏れて腹膜炎を起こし敗血症という重大な合併症を併発する可能性があることを根拠に、人口肛門を付けることに強くこだわった。私は仕事のことを考え、人口肛門は極力避けたかった。しかし、ここに及んでは執刀医にお任せせざるを得ないと判断した。このような状況の中で、手術が始まった。

そして、麻酔から覚醒した私の前に、驚くべき二つ目の奇蹟がもたらされていたことを知ったのである。二つ目の奇跡とは、手術の3日前の検査で肛門から6センチの部位に癌があるとして人口肛門は避けられないとしていたが、その6センチの部位にあった癌がなくなっていたのである。

その結果、医師がこだわっていた人口肛門を付けることが全く不要になったのである。従って、手術時間も予定の半分の2時間弱に短縮された。控室にいた妻に執刀医が手術室から抜け出して、「人口肛門は必要ありません。」と、怪訝な顔をして告げたという。妻が表現した「怪訝な顔」とは何を意味するのであろうか。科学の力を絶対的に信奉する医者にはそのようなことは信じられない。しかし、現に癌が消えている。「そんなはずは無い……。」その動揺した心理、これが「怪訝な顔」の正体ではなかったかと私は思った。癌の消去を願う私の強いエネルギーが、私自身の自己治癒力を大きく高めていたことになる。

私自身の自己治癒力を急激に高めたその根拠とは何なのだろうか。私は病床で暫く考えてみた。

そして、その根拠とは、私が手術前の限られた時間の中で採った「利他の行為」であると確信した。

私は手術前の限られた時間の中で、とにかく出来る範囲で他者へ愛のエネルギー送ろうと考えた。先ず、子宮の痛みに耐えている娘、永年のリューマチと狭窄症に悩む姉、膠原病に悩む弟の妻、そして末期癌で尊厳死を願う友人の兄に対して、救いのエネルギーを送った。多忙に追われつい見落としていた身近な人々の苦労を正面から考えようとした私の行為、これこそ愛という行為なのであろうか。

同時に私は数多くの仲間達に支えられていた。彼らは私の手術が旨くいくことを心から願って、私の患部にマインドパワーという愛のエネルギーを送ってくれていたのである。これらの連鎖する愛の行為により、私自身の内に眠る自然治癒力が一挙に高まったということ以外に、説明できる根拠は見出せない。「何ということか!」。

私はベッドの中で改めて人間の神秘的な力について考えさせられた。そして、既に様々な先人達がそのことに気づきメッセージを発していることに改めて気づいた。

宗教学者谷口雅春の「男性の事業の失敗は、能力の欠乏にあるよりも愛の欠乏にある。」との指摘、アメリカのノーベル賞受賞生理学者アレクシス・カレルの名著『人間、この未知なるもの』(ロンム セッタンコンニュー)による、科学者として人間の未知なる不思議な力の指摘、同じく、「東洋の思想」の先覚者安岡正篤の「人間には不思議な力が天から賦与されている。」という指摘、また、行動心理学の始祖アルフレッド・アドラーの「人は心が変われば体も行動も変わる」という指摘等である。


そして、20年前に逝った父の遺稿にも同じようなことが綴られていたことを思い出した。

「我々は神の無限の知恵、無限のいい考え方に取り囲まれている。だから、そのいい考え方に触れないということは難しい。誰でもそのいい考え方に触れている。しかし、触れていてもそれを受け取らず、それを実践に移さない場合は、何の役にも立たないのである。

我々の生命は、前進するか後退するかのどちらかである。即ち、じっとしていると、生命が後退するのである。我々は想念を良き方に前進せしめなければならない。不幸を思うより、幸福を思わなければならない。その方が人間の実在と一致するのである。

神が我々の中に希望を置いたのは、それを実現せんがために、我々をして神とともに共同活動せしめんが為なのである」と。


今私は、奇跡に驚きつつも、大いなる確信を高めつつある。20年前に記された亡父の手記の一字一句が、今何の疑問も無く私の心奥深く滲み通ってくる。

5年前、心筋梗塞で入院した時は、点滴がはずされるや否や、病人であることを忘れて原稿作成に没頭した。初出版の本の原稿提出期限が迫っていたのである。そして今回も、5年前と同じように締め切りの迫る論文作成に没頭している。いずれの場合にも、突然予期せぬ時間が与えられて、パソコンの前で原稿作成に没頭している私がいる。一見、私は今も昔も全く変わっていないかのように見える。しかし、私は今、これまでの私とは全く違う自分がここに存在していることを知っている。

私の脳の神経回路に、これまでに無かった新たな神経回路が組み込まれているのである。そして、この新たな愛に関わる神経回路こそ、私が永年求め続けていたものであることに今気づいたのである。

69歳で癌宣告を受け、私はまた一皮むけることが出来た。癌宣告という神の試練に心から感謝せずにはおられない。


逞しく 生きる癌細胞 わが身なり
人間よみな 科学の外の 声を聴け
我が生命 無限の生命と 繋がりて
この我が身 姿の影に 妻の愛
平成24年8月25日 早朝の病室にて
不思議な体験を明確に留めるために記
今去徒然草 15

「今ここに」-荒畑に小鳥さえずる霜の朝-

師走朝3時、私の一日が始まる。早朝の冷気に静まる書斎で、机に向かいふと考える。このような時の流れがいつまで続くのであろうか。夢を抱き高嶺を求めて今日まで生きてきた意味は何なのだろうか。朝の精気が私の純一な精神を呼び起こし、私は次第に哲学者になっていく。

そして、ローマ時代の哲学者セネカが私に問いかけてくる。「将来のために、今を犠牲にした生き方をしてはいないのか!」と。

そこで、私はまた考える。そして、生き方を変えようと考える。「今までのように、人生の目標をずっと先において、今を犠牲にした生き方に決別しよう。今日一日が私の生涯の完了となる日だと思い、大事に生きる生き方をしよう!」と。

早朝の自問自答は、私を素直にしてくれる。そして、色々なことを気づかせてくれる。

確かに、生きれば生きるほど死が近づいてくる。そうだとすれば、死を素直に受け入れ、死を飼い馴らす生き方をした方がいい。そして、日常にしっかり目を向けた生き方をした方がいい。これまで気づかなかったこと、見えなかったものが見えてくる。もう過去にも未来にも生きない。そして「今ここに」生きる。

私には未来はないが明日はある
平成26年12月20日 早朝