書籍

- 目次 -
書籍 1

和する(ハモる)経営「報連相の秘密」現場の経営学

中小企業は少子高齢社会に対応して、どのような組織体質転換を図るべきなのか!
発売日:2008.4.1
発行:新生出版
定価:953円(税込1,000円)

本書の狙いはここにある。

著者(中小企業診断士/社会保険労務士)は第一章で、現代社会において、“組織に生きざるを得ない人間”に対する、経営コンサルタントとしての問題意識を示している。

そして第二章において、『真報連相』という新たな概念を通して、個人及び組織の“報連相力の質”を高め、和力経営(総互恵関係)に徹することが、少子高齢社会における、日本の中小企業がとるべき基本戦略であるという考え方を示している。

“組織とは問題の塊である”、“仕事とは報連相活動をすることである”、“報連相とは問題解決のための手段である”

これが著者の社会人として、また経営コンサルタントとして組織(現場)を見る眼である。

報連相という使い古された概念にメスを入れて、“三つの視点(目的、相手、自己)”で捉え直すことにより、報連相という古びたものが、組織は勿論、個の人生をも左右する魔法の杖に生まれ変わる。そして、報連相の“三つの視点”の中で“自己”こそが、最も重要な鍵をなしている。つまり“自立的人間であるか否か”がすべてを左右することになる。また組織における中高齢者の意識改革においても、著者の独創的な手法(川柳、ハーモニーなど)を採り入れている。

そこで、第三章において自立的人間とはどの様な人間なのか、実際の経験を基に考察している。最後に、第四章で、ある企業の自立的人間育成の試みを具体的に紹介している。これまでの組織活性化の理論を越えて、著者が指導に関わっているN社(製造業)の取組事例である。

“経営書らしくない経営書”

これが、この本に込めた著者の思いである。

目次
【第1章】組織に生きる人間 - 経営コンサルタントとしての問題意識
【第2章】報連相力とは何か - 報連相が人生を決める
【第3章】報連相力を高めるために - 自立的自己の確立
【第4章】ある中小企業のチャレンジ - 鉄工所らしくない鉄工所を目指す