関連事案

- 目次 -

弊社代表の藤澤が上梓しました書籍をご紹介致します。

『和する(ハモる)経営「報連相の秘密」現場の経営学』

平成20年4月1日発売/新生出版/定価1,000円(税込み)

→詳細はこちら

教育

弊社代表が平成20年4月より長崎総合科学大学にて教授として教壇に立っています。「中小企業経営論」、「情報化社会における職業倫理」、「1・2年情報ゼミ」、「3年実践ゼミ」、「4年卒業研究ゼミ」などを担当しています。

→長崎総合科学大学のホームページはこちら

教育現場にて

講義やゼミの始めに必ず「そうかの一言」を10分ほど話すことにしています。「そうか」とは、総合科学大学は通常総科学大と呼ばれていますが、その「総科」から取ったものです。日ごろ学生たちが考えもしない考え方を示し、「そうか、なるほどそういう考え方があるのか!」と心にとどめてもらうことを意図しています。

たとえば、「人間の精神三つの変貌」、「大人は皆昔は子供だった」、「小さな大人」、「平均値と現実」、「時分の花と自分の花」、「常識と非常識と脱常識」、「拡張する心」、「生きることは死ぬことである」、「ホンモノとニセモノはどこが違うか」等々です。

私が常に心がけていることは、経営の現場の事例から経営理論に結び付けることです。また、難しいこと(見えないもの)を易しく伝えること、易しいこと(日常的に無意識で行っていること)を深く考えること、そして、深いことを面白く実践することです。

弊社代表が構成員として参加している経営支援を目的とした士業者集団です。

→詳細はこちら

私にとって趣味はきわめて大事な要素です。日々趣味と仕事が一体的に動いています。「仕事あっての趣味、趣味あっての仕事」ととらえています。

私は「生涯現役、臨終定年」を自分に言い聞かせています。そのための筋トレも毎朝欠かすことはほとんどありません。仕事という「動の時間」と趣味という「静の時間」を同時に生きることを心がけています。私にとって、「動の時間」とは仕事における利害を意識したどろどろした時間です。また「静の時間」とは、静かに自分を取り戻し立て直す時間です。

「生涯現役、臨終定年」の実現のためには 日々、動と静を同時に生きざるを得ないのです。


長崎アカデミー男声合唱団

弊社代表が所属している長崎アカデミー男声合唱団をご紹介致します。

→詳細はこちら


絵画

当ウェブサイト内の所々に掲載しております絵画は、全て弊社代表自身の手による作です。

→作品一覧はこちら


朝のシクラメン(1998.1.2)