研修

- 目次 -
活動実績

当業務に関する活動実績をご紹介致します。


内容実施先
社員意識変革セミナー(株)ホンダガスウェル
コンピテンシー導入セミナー長崎県石油商業組合
社員意識変革セミナーブライダルヤスナガ
高齢者の生涯生活設計セミナー長崎県中小企業団体中央会
新入社員研修雲仙旅館ホテル協同組合他
管理者育成研修雲仙旅館ホテル協同組合他
企業における人材育成の実践的すすめ方雇用能力開発機構
いま組織が求める能力とその評価チョーコー醤油株式会社他
教育リーダー育成研修中堅教員コース長崎県教育庁
教育リーダー育成研修教頭職コース長崎県教育庁
管理者にとってマナーとは何か -ほめ上手になる-F社管理者研修
SSCセミナー -高齢者の自己戦略-N社高齢者研修
SSCセミナー -高齢者の自己戦略-A社高齢者研修
SSCセミナー -高齢者の自己戦略-Y社高齢者研修
SSCセミナー -高齢者の自己戦略-K社高齢者研修
SSCセミナー -高齢者の自己戦略-S社高齢者研修
※「SSCセミナー」は「中高齢者自己戦略セミナー」に名称を変更致しました。

民間企業の論理を導入した教育研修の実施

長崎県教育庁では、平成14年に初めて学校の先生方の研修を民間コンサルタントに委嘱することとなり、当社が業務委託を受けました。

教育界に民間の論理(顧客満足、戦略的思考、マーケティング思考、コンピテンシーと発想力、企画力等)を導入することが狙いでした。

今後生きた教材の開発、を通して役に立ちたいと考えています。

中高齢者自己戦略セミナー
定年後の年長者の働きぶりは企業の鏡
年長者自身に気付かせよう! 真の人生の始まりはこれからと!

概要

少子高齢社会の進展、国のGNPの2倍になろうとする借金(1000兆円)、破綻寸前の社会保険制度、10年を越えるデフレ経済、世界経済に占める地位の低下、さらに追い討ちをかける人類の歴史に残る東北地方の地震・津波と原発事故。

これが現在の日本の実像です。このような幾重もの苦難を同時に背負わされた国はかって世界の歴史にありません。この日本を取り巻く環境下で、日本の企業が存続成長していくためには、何が必要なのでしょうか。

私は、思い切った発想の転換をおいて他にないと考えています。

今回、高齢社会における人材活用という「大局着眼 小局着手」の視点に立って、高齢者の真の活用についてご提案をさせていただきます。

国は、平成18年4月、法律(高齢者雇用安定法)で、企業に高齢者雇用を義務づけてきました。私は高齢者雇用アドバイザーとして15年の間、国と企業の間に立って、中高齢者の雇用の問題と向き合ってきました。

そして歴史的大転換期にある今、企業には高齢者雇用問題に関して、何より戦略的な取り組みが不可欠だと痛感します。つまり、高齢者問題を戦略的に活用して自らの組織を変革する視点と、高齢者自身に「自己戦略」を持たせる視点の重要性です。

なぜなら、企業にとって今起きている高齢者の問題とは、現在組織の中核として組織を支えている若手現役社員たちの明日の問題であるからです。

つまり、ドラッカー流に表現すると「既に起こっている未来」の問題といえます。

平成21年4月、組織における人間の心を科学的に研究するために、長崎大学大学院経済学研究科後期博士課程に入学し、「経営組織における人間」について、脳科学の知見を援用して研究を行い、平成24年3月博士(経営学)の学位を取得いたしました。

その研究で得た本質的考え方と、これまで私自身をモデルに高齢者問題に取り組んできた経営コンサルタントとしての現場の経験を総合して、次の確信を得ました。

中高齢者を生かす戦略的視点の必要性
1. 定年後の高齢者の働きぶりは、その企業の鏡である(若い頃の働き方の反映)
2. 人間は脳科学的に45歳頃から感情老化現象が出てくる(組織的対策が必要)
3. 高齢者の真の成長は60歳から始まる(蓄積された神経回路を活かせる)
4. 高齢者の気概と誇りに火を点ける(変革を担う必要人材に仕向ける)
5. 脳科学の知見によると人は死ぬまで成長する動物である(自己戦略を持つ)
中高齢者自身が気付くべき「常識の嘘」
1. 高齢者には青春は無い(青春とは期間ではなく心の持ち方をいう)
2. 高齢者の賞味期限は切れかかっている(人の脳は死ぬまで成長する)
3. 高齢者の経験と知識は過去のもの(経験と知識を知恵に変えれば未来に繋がる)
4. 高齢者は社会的お荷物(気概と誇りがある限りそうはならない)
5. 高齢者は今から始めても遅い(「無知の知」を知った時こそがスタート地点)

以上の考えから生まれたのが弊社の中高齢者自己戦略セミナーです。

私自身高齢者(70歳)の一人として、私に眠っている力を引き出すために、自己戦略を組み立てて今日に至っております。この過程を通して気づいた考え方で組み立てたものが中高齢者自己戦略セミナーです。


開催元について

出来れば企業単位で実施されることをお勧めしますが、組合や企業団体で主催され、複数の企業が参加されることも可能です。是非ご検討下さい。


参加費用

個別に相談させていただきます。


参加対象者

45歳位から50歳以降が当セミナーの対象なりますが、企業の実情に応じて対応させていただきます。


カリキュラム

下記カリキュラムは基本フレームです。御社あるいは開催元のご要望を勘案し一部変更も可能です。


時間項目内容
9:00〜9:20
研修に当たって
  • 主催元による研修の意図説明
  • 研修の進め方説明
  • 講師の自己紹介
9:20〜10:00
1. 年長者としての自己点検
キーワード:必要人材度
  • 組織における自己の必要人材度チェック
    • 必要人材になるための「仕事の仕方」
    • 必要人材になるための「能力開発」
    • 必要人材になるための「意識と生活」
10:00〜11:00
2. 生涯現役として生きるために
キーワード:賞味期限
  • なぜ生涯現役・継続雇用なのか
  • 継続雇用者に対する賃金と能力の考え方
  • 企業の「必要人材」と「仕事の仕方」の変化
  • 自分の専門能力の賞味期限を延ばす
  • 人の習慣と脳科学
11:00〜12:00
3. 年長者のパワーを活かすために
キーワード:自己認識自己戦略
  • 自分とは何か
  • 生命の系譜
  • 人生と砂時計
  • 人生にとって目標とは何か
  • 仕事とは自分にとって何なのか
  • 高齢者にとって青春とは何か
  • 自分の転機を振り返りこれからの転機を創る
  • 人生設計図を作る
13:00〜14:30
4. 年長者の強みとは何か
(グループディスカッション)
1. 高齢者の強みとは何か
2. 高齢者の知識と経験を生かすためには何が必要か
  • 各人10項目カードに記入
  • グループに分類する
  • グループ毎のタイトルを考える
  • 要因検討図にまとめる
14:30〜15:15
5. グループ発表
15:15〜16:15
6. 年長者の誇りと気概
キーワード:知識と知恵右脳の活性化
  • 年長者の強みと弱みを考える
  • 年長者の経験と知識を知恵に変える
  • 習字に手本があるように人生の手本を探す
  • 座右の銘をもつ
  • 脳を騙す習慣(一気呵成の詰め)
16:15〜16:45
7. 報告書作成
16:45〜17:00
まとめ

教材サンプル

私の自己紹介を兼ねて、当セミナーで教材シートとして使用しております「私の転機になった出来事」を掲載致します。


参加いただいた方々の感想

お蔭様で既にいくつかの企業や機関で実施いただき好評を得ています。ご参考までに、参加者の報告書から一部を抜粋してご紹介させていただきます。

F社 M氏(62歳)
せミナー前半に講師の講義、中間部にディスカッション、後半部に講義という形式だったので緊張感を維持できて最後まで集中してセミナーに参加できた。高齢者の強み(経験の積み重ね、問題解決能力、人間関係等)を活かして、これからの企業人生を歩んでいきたい。
F社 A氏(61歳)
本日朝9時より初のセミナーに参加して、生涯現役としての生きるために仕事というものの重要性がわかった。ほんとに今回のセミナーに出席できてよかったと思います。
N社 Y氏(60歳)
今まで今後どのように生きて暮らしていくかあまり考えていませんでしたが、今回のセミナーを受けて目標を持って生活していこうと思いました。座右の銘は「和」を大切にして、読む書く話すことを意識的に実行していきたい。
N社 F氏(58歳)
久しぶりのセミナーであり、私にはこれから先の企業活動にとって有意義な講義だったと思い感謝いたしております。知恵と趣味を大事にした生活を送りたいと思います。
K社 S氏(59歳)
今後若い人たちと積極的に接したい。また「無知の知」を知り物事に取り組みたい。感受性を高めて日々新しい発見をする生き方をしたい。

以上、ご提案させていただきます。どうぞご検討くださいませ。