人材開発支援

- 目次 -
高齢者・女性の有効活用

高齢者の熟練スキル有効活用策の研究

高齢化の進む日本社会において多くの業界はいずれ、労働力不足に陥る事は必至です。

製造業でも、派遣労働者を導入することが可能になりました。しかし、自社での仕事を知り尽くした熟練技術者の存在は、他に代えられるものではありません。

高齢者の培った技能と経験、そして知恵を単に個人のものとするのではなく、組織のスキルとして蓄積していかねばなりません。

高齢者の力が有効に発揮される仕組と、そのためのソフト、ハードのノウハウを研究する必要があります。私はこれまで、長崎労働局と中小企業団体中央会から委託を受けて、この問題を研究してきました。そして現在は高齢者アドバイザーとして、企業の高齢者雇用問題について助言を行っています。同時に高齢者の立場に立って、高齢者自身に対して、セミナーを通して、一人の人間として自己戦略を持つことの大切さを訴えています。


女性労働力の有効活用 〜 21世紀は女性の時代

少子高齢化の進む今日、製造業においても女性の活用が大事なテーマになることは必至です。

“男の職場”という伝統的固定概念を捨てて、新たな試みが必要な時が来ています。

当社では21世紀職業財団委嘱女性活用コンサルタントとして、女性が有効に活用できる仕組づくりを研究してきました。そして現在は、長崎県男女共同参画室で推進してる女性起業家支援のコンシェルジュとして、女性の起業支援を行っています。また、女性と男性は全く異なる脳を持っているという脳科学の知見に目を向け、男性と女性の本質的な能力の違いについて研究を始めています。

コンピテンシーによる人材開発

今、企業の人材開発に求められているのは、単なる知識・資格の習得ではなく、現場に於ける考える技術、問題解決の技術、並びにそれを生かして、行動を習慣化する技術の習得です。 その習得の為には、企業としての行動基準の確立が不可欠です。

コンピテンシー導入の過程が現場実践教育になる!

コンピテンシー導入により、この「行動基準書」を社員参加でつくり上げていきます。この時、それぞれの部門で具体的な仕事の見直しが議論されます。

「行動基準書」の作成過程が活きた現場主義の研修の場となる訳です。


行動基準書に基いた現場教育の実践!

「行動基準書」が策定されると、この中の一つ一つが日常の行動の中に定着するように実践的教育が可能となります。


早岐のホテルより(1993.4.8)